フロレスタの歴史

フロレスタについて

フロレスタ誕生の歴史は2002年にまでさかのぼります。元々モノ作りが好きで得意だった現・奈良本店のオーナー、前田利安・由理子夫妻。二人の「子供に安心して食べさせられるおやつを作りたい」との思いからネイチャードーナツが生まれました。最初は自宅で生地を作り、前田さんが一人で機材とテントを車に積んで大阪と奈良の蚤の市やイベントで移動販売をしていました。材料にこだわった手作りの揚げたてドーナツと前田さんの陽気で気さくな人柄に次第にリピーターが増えていき、テントの前には行列ができるようになりました。

その後、2006年10月に奈良で実店舗をオープンさせた前田夫妻。たくさんの友人の協力を得て完成したドーナツ同様、すべて手作りの温かみのあるお店です。こちらも間もなく、ネイチャードーナツの飽きのこない素朴な味わいとともに口コミで広まっていきました。そして2007年9月。前田さんにお願いして修行させてもらい、のれん分けのかたちで苦楽園店がオープンしました。フロレスタのドーナツと前田夫妻の思いをもっと多くの人に広めたいという私たちの念願が叶ったのです。
スタッフは全員フロレスタに共感して集まってくれた友人とそのまた友人たちでした。フロレスタという店名に込められた思いの通り、人と人とのつながりからできたお店なのです。

自然な素材を使った手作りのドーナツ。子供にも安心して食べさせられる私たちの自信作です。
そして、このドーナツの誕生からフロレスタの歴史は始まりました。

2002年4月
「まえだのドーナツ」として車で移動販売をスタート
自宅で作った生地とテントと機材を車に詰め込み、おもに奈良のスーパーや大阪の蚤の市などで販売。味はプレーン、シュガー、チョコレートの3種類。
その場で揚げる、できたてのドーナツにおいしい!とリピーターが増えていき、テントの前には次第に行列ができるようになる。
2004年
floresta(フロレスタ)に店名を変更。
プレーンもネイチャーに名前を替え、まだまだ修行のような日々が続く。
2006年10月
奈良本店オープン。
移動販売を始めてから4年目で奈良市内に実店舗をオープン。まえだのドーナツ時代からのファンの方の口コミでさらにフロレスタを多くの方に知ってもらうようになる。
2007年9月
苦楽園店(兵庫県西宮市)オープン
2008年2月
神戸トアロード店(兵庫県神戸市)オープン
2009年8月
高円寺店(東京都杉並区)オープン

これからもフロレスタはより多くの方に変わらぬおいしさと元気を届けられるよう努めていきます。